HOME  > 豆知識
(11)商品のラインアップ  
お金に色はついていない。日経先物をやるつもりで証拠金を積んだにしても、やはり日経先物しか出来ないというのではつまらない。日経先物のポジションがないときは、積んである証拠金でもって他の商品も手がけられれば資金効率の面から考えてもベターなのはいうまでもない。どのような商品が同じプラットフォーム上で出来るのか、現物株であってもよいし、外国為替の証拠金取引であってもよい。TOPIXや日本国債(JGB)など、ほかの先物取引であってもよい。手を出すかどうかは自分が決めればいいことであって、商品のラインナップはできるだけ豊富なものを提供してくれる業者が本来はよいのだ。

日本の証券会社にはほとんどないが、日経先物だけをとって考えてみても、大証の日経先物だけしかできない場合と比べて、SGXやCMEの日経先物をも提供してくれる業者のほうが、取引する側から見れば有利に事を運べる。また少ない資金で、試しにミニ日経をやってみようと思う場合には、この商品がラインアップになければ売買できない。世界的な取引所の合従連衡のなかで日本の取引所自体も変革を余儀なくされているので、近い将来は日本の証券会社のラインアップにもバラエティさが出てくるかもしれない。
2010/05/26

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2019年 08月 26日 (月)
米中摩擦は激化。日本株は売り。
本日のイベント
2019年 08月 26日(月)
17:00 IFO指数
ドイツ 95.1
21:30 耐久財受注
アメリカ +1.0%
21:30 耐久財コア
アメリカ +0.5%
22:45 カーニー総裁
イギリス BOE
23:00 ブラード総裁
アメリカ セントルイス
テクニカルポイント
2019年 08月 26日 (月)
日経先物
  • 先月の高値21810
  • 今月の高値21570
  • 昨日の高値20730
  • 昨日の海外クローズ20135
  • 昨日の安値20130
  • 心理的節目20000
  • 今月の安値19890
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。